【韓国留学】自分を認めた時、ちょっと楽になった話。


あんにょん!ちゅみです( ^ω^ )

これは去年の6月に書いた日記。

月曜日寝すぎて今日の授業が辛かったわたしです←

辛すぎてまじで先生に心配されました笑

健康に生きるって難しいですね。笑

ていうか健康に生きるってまじで大事だと思う。本当に。

身体が健康だったら心も健康になれる気がする。

最近朝目が覚めた時に自分の心の具合を確認するのが日課です。

ああ、今日は大丈夫だ。

ああ、今日はちょっとだめだ。

とか。

最近は

大丈夫な毎日が続いていて、それだけで幸せなんだけど、次いつ落ちるかが心配で朝の気持ちをちょっとマイナスめにしてから1日を始めることもあります。

でもそれってもったいないな…と。

いつくるかわからないマイナスの為に、プラマイ0の状態をわざわざマイナスにする必要はないっちゃ無いのかなって。

本当にそういうのが下手だな、とも思うしまぁそれが自分かなって思えばまぁやっていける気がします。

ここ1ヶ月病まなかったのは

自分が思い込みが激しい性格だと改めて自分に認識させたからかな、なんて思ってます。

思い込みが激しい

というのは中々ストイックな言葉ではありますが、実際そうだと思うし。

というか、自分はそう思ってなくてもそうなってる事が多い。ということは、そういうこと。自分が思ってなくても、周りがそう見るならそれが本当になる。世の中そんな仕組み。

ちなみに私の思い込みが激しいはプラスになれば良いんですが結構マイナスに働いてしまうことの方が多くて。上手く感情をコントロールして思い込みをプラスに働かせたら最高なんだけど。

ちにみにプラスだった時は18歳か19歳の時で、自分が願うことが全て叶ってる時期があった笑

それなりに気力も使ったけどあの時の「信じる」思い込みの強さは本当に最強だった。

あの時の思い込みの強さは今欲しいかも。

でも思い込みが病む原因になってたらしょうがないんだけどね。苦笑

それに気付けただけでも成長だし、周りを気にしたり病まなくなったかな。

なんかそんな事を考えていた1日でした。

そう、決して病んではいない。笑

 

 

日記はここまで。

改めて思うことは

留学ってもちろん楽しいこともあるけど

心的には辛いこともある。

その辛いことをどうやって乗り切るかのすべを身につけるのも

留学にとって大切なことなのかもしれません。

わたしはそのすべを身につけて

日本に帰国した気がします。笑

 

これからこのすべとともに

日本で生活していけたらと想います。

 

韓国で培った力や考え方を

これからの人生に活かしていけたらいいな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です