韓国留学時代、ブログで知り合ったブロ友に「ブログやめれば?」と言われた話。


あんにょん!最近久しぶりに自分の顔を見て

鼻の下長いな。笑

と、再認識したちゅみです( ^ω^ )

ま、鼻の下が長いのはどうもならないと思うので

とりあえずダイエット頑張理ます。

これいつも言ってるけどねw

万年ダイエッターだわwwww

 

さてさて。

今回は私がブログを初めて

ブログでお友達が出来て

その友達と絶縁したお話を書きます。

なんで急に書こうと思ったかって?

それはね。

この本を読んだから。笑

中村うさぎさんって

今はそんなに目立ってないけれど

一時期は時代の最先端というか、いつも話題の渦中にいた方だと思う。

いろんな意味でぶっ飛んでいる、ずば抜けている

自分にはなれない人間の一人です。

 

 

ぜひ一度

読んで見てくださいね( ^ω^ )

 

アメブロ「留学」ジャンルの不思議

私がサイバーエージェントのアメブロでブログをはじめたのが2014年の4月。

アメブロには二つランキングが登録できるのですが

私は「韓国」と「留学」ジャンルに登録をしました。

「韓国」に「留学」をするわけですからね。笑

ただ「留学」ジャンルに登録している人たちは

韓国以外にもいるはずなのに

なぜか留学ランキングの上位は

ほとんど韓国に留学する方が占めていました。

不思議ですよね。

英語圏に留学する方もたくさんいるの

になぜ韓国留学する人たちばかりブログをやるのでしょうか。

英語圏に留学する人たちも多いはずなのに。

ある意味不思議だけれど

あまり考えないように

していました。

何故か人気になって行った私のブログ

自分でも何故人気になっていったのかわからないのですが

留学準備の段階で始めたブログは

結構な人に読まれていました。

当時絶賛社畜中だった私は

韓国留学には関係なく

社畜ネタばかりを更新していたら

共感してくれる女子が沢山いて

読んでくれていたのかもしれません。

世の中の女子って

みんな社畜ってんだな。哀

女子からの「会いたい」メッセージ

どんどん人気が上がるにつれ

同世代の女子や

同じ時期に韓国留学に行く読者さんからの

「ちゅみちゃんと会いたい」

ラブコールが頻繁に。

最盛期で1日5件くらい来てた。

何故会いたいのかわらない私。

私はもともと自己評価が低い人間なので

え!!!なんで私に会いたいの?!

私面白くないし、、

みたいな感じで結構負担でした。

しかも

会ってがっかりされたらどうしよう

という思いが先立ち

中々会えずにいました。

そんな中、割と話が合い私より年上で

同じ時期に韓国留学をする女性に出会いました。

私を「芸能人」のような扱いをする人ではなかったので

「友達」になれると思い

その子と一緒に

オフ会をすることに。

オフ会自体は楽しく終了することができました。

留学先で始まった執着心

韓国に留学すると

留学先でもブロガーの子に会うことが多くなって来ました。

ブロガーさんに会うと

そのことをブログに書いたりしていたので

基本的に

ブログにはプライベートがダダ漏れの状態でした。

ただ、自分の個人的なブログなので

毎日のことを事細かく書くわけではありません。

書かない日だってある。

自分のブログだからそれでもいいはずなのに

ついに衝撃的な言葉を言われてしまったのです。

「なんで私のことをブログに書かないの?」

一緒にオフ会をやった

女性から

こんな一言を言われました。

「Aちゃんと会ったことはブログに書くのになんで私と会ったことはブログに書かないの?」

 

 

衝撃的でした。

だってそんなつもり全くなかったから。

 

私は常日頃

誰かに会ったとか

そういうことは逐一書いていないし

他にもたくさんのブロガーさんや友達に会っても

そのことをブログに全部書いてた訳ではありません。

その子と会ったのに

ブログを書かなかったのは

わざとではなく

ただ単に

その時に

他のことを書きたかったら。

 

ただ彼女にとっては

自分と会った時だけブログを書かなかった

と思い込んでいたのです。

 

これは確実に思い込みです。

そこから啖呵を切ったように

彼女の怒りが爆発しました。

もう昔のことなので

あまり覚えていませんが

「誕生日プレゼントあげたのに、私のあげたプレゼントだけブログに写真をアップしなかった」

「私がAちゃん(ブロガー)のこと嫌いなのに、Aちゃんと仲良くしてる」

「いつも本音で話してくれない」

「最近ブログ調子乗ってる」

「ブログに必死にしがみついている」

「このままだと2chで叩かれても仕方がない」

 

そして

極め付けは

 

 

「ブログ、やめたら?」

 

 

これはめっちゃ

キツかったなあ。。笑

私は結構彼女に洗脳?されている部分があって。

洗脳というか

彼女には逆らえない!みたいなのがあったんだよね。

それでも

彼女と一緒に彼女に合わせて

彼女の嫌いな子の悪口を言うのも

なんだか違うなと思っていたので

適当にあしらっていたら

それも彼女が気に入らなかったり。

色々ありましたわ。

 

 

その時は過去最高レベルで

病み笑

本当にブログをやめようかと思いました。

 

 

そんな私を救ってくれたのもまたブロ友

本当にブログをやめようと思ってた時

救ってくれたのも

またブロ友でした。

 

「ちゅみちゃんが彼女にブログやめればって言われても

ブログはちゅみちゃんのものだから

やめなくてもいいよ〜」

と言ってくれた一言が

私を救ってくれました。

 

その時まじでブログをやめていたら

今の私はいないと思っています。

 

正直

自分にプラスになる人

自分にマイナスになる人

って必ずいるし

最初自分にプラスだった人が

いつのまにかマイナスになることもあるし

最初マイナスだった人が

自分にプラスになる人に変わる場合もある。

 

だから

人を見極める力って大事。

 

まとめ

 

ブログを通して

辛い思いもしたことがあるけど

それ以上にいいこともあったから

本当ブログを続けて言ってよかったなと思います。

そしてこれからも続けます。笑

 

 

 

ちゅみでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です